医療法人開成会 ハシモトデンタルオフィス

メールでのお問い合わせはこちら

奥歯の噛めないをインプラントで改善

奥歯 治療例1

治療前 治療後
治療 インプラント
患者様の年齢 60代男性
初診時の状態

右下の銀歯のブリッジが噛むと痛いということで来院されました。

治療内容 ブリッジを外してみると、歯が虫歯で割れていて抜かなければならない状態でした。
取り外し式の部分入れ歯は嫌だということで、インプラント治療を行うことになりました。
治療費

インプラント2本のブリッジ/870,000円(税別)
メタルセラミック1歯/120,000円(税別)

 

奥歯のインプラント治療の流れ

痛みのあるブリッジ(銀歯)を外してみると、大きな奥歯が2つに割れていて、
歯茎には膿が溜まっていました。自然と出血も続いています。
ここまでくると、残念ながら歯は抜かないといけません。

抜歯を行い、歯茎や骨が治るのを待ちました。
歯を抜くと穴ぼこができますが、時間が経つと歯茎も骨も平らに治ります。
その後、インプラント治療を行いました。
インプラントを埋入してから2週間後の写真です。

インプラントと骨の結合に、3ヶ月待ちました。写真は、土台が入ったところです。
インプラントの土台のことを「アバットメント」と言います。

仮歯を装着しました。
この患者様は、上の歯もセラミックで治療していきます。
仮歯を入れて、かみ合わせ、発音、食事、見た目、歯ブラシの当て方などをチェックをします。
問題がなくなったところで、
その仮歯を元にセラミックのかぶせ物を作ります。

最終のメタルセラミックのかぶせ物が入りました。
患者様も仕上がりに大変満足して下さり、
約束の定期検診もかかさず来院下さっています。

医師からの一言

この患者様のお父様は生前歯がなく、入れ歯で苦労されているのをいつも見ていたそうです。
お父様から「歯を大切にしろ」と言われ続けていたので、インプラントを選ばれました。 入れ歯は横の歯にバネをかけてもたすため、虫歯や歯周病になって歯がダメになる可能性がとても高いです。 インプラントは、入れ歯のように取り外すことはできません。
自分の歯と同じように食事することができるようになりますが、歯磨きもしっかりとしなければいけません。

噛めない・痛い・見た目が気になる・インプラントが怖い、、
など当院には様々なお悩みを抱えた患者様が来院されます。

<< 無料相談へのお申込みはこちら >>

 

>> 前のページに戻る方はこちら